kuronekobooks-ほんまわかの制作日記

1 5 6 7 8 9 12

仲良しな2匹。

うちの最年長15才の猫チョビちゃんと、
チョビちゃんが大好きなココちゃんです。
いつも仲良し。
ひっついて寝ています。
こうやって見ると、
2匹ともまるまるしてますねえ。

絵本『たびするおやま』発売中!

絵本『たびするおやま』ができました!
奈良でお店をしていた時に、
春日山や三輪山を毎日眺めていたので、
こんもり丸いおやまを主人公にしたくなりました。
純粋なナンセンスのお話になるはずが、
やっぱり「自分探し」「居場所探し」がテーマに
なってしまいました。
ぜひ、おやまといっしょに旅に出てみてくださいね!
奈良の絵本カフェ パビリオンさんで、サイン本受付中!

レースのようなトレペ。

今、染めている紅型の、
型紙を切り抜くときの下書きです。
トレーシングペーパーなのですが、
型紙から剥がすと、
同じように切り抜かれていて、
これはこれでレースのようで美しいです。
細かいので手が痛くなりました。
うまく染められるといいな。

初めてのオリジナル紅型です。

自分で型紙を作って染めた
初めてのオリジナルの紅型です。
紅型は、隈(クマ)というグラデーションと、
色の配色に特徴があります。
沖縄らしい模様を作る方が多いなか、
先生がやさしいのをいいことに、
自由に作らせていただいています。
エコバッグやハンカチにキノコを染めました。
ノリを水で剥がす瞬間が、ドキドキして楽しいです。

「がくしゅうおおぞら」9月号にイラスト描きました。

「キンダーブック」の年長版「がくしゅうおおぞら」に
挿絵を描きました。
沖縄に引っ越す間際にいただいた仕事で、
引っ越してすぐにとりかからなければならなかったので、
調べに行ったり、十分に情報が得られないまま、
描かなければなりませんでした。
もっと時間の余裕を持って
仕事をしないといけませんね。

ぼくのお家へようこそ!

新入りの、沖縄生まれのゴンちゃんです。
「ねこのきもち」の付録の、
キティちゃんのお家がお気に入りです。

数日後には、廃墟と化しましたが……

うちの猫たちの物語「ねこがゴロゴロ」連載中。

雑誌「ねこのきもち」の付録の小冊子、
「ねこ好きのきもち」に、
うちの猫たちの小さな物語『ねこがゴロゴロ』を
連載しています(奇数月)。
ちなみに、9月号は、
猫好き芸人(?)の徳井さんが
「MEN’S CAT」として表紙になっています。
うちの奇跡の猫、キューちゃんのお話を描きました。
どこかで見てくださいね!

小さな KURONEKO BOOKS 開店!

おしらせが遅くなりましたが、
8月1日から、近くの珈琲のお店「Purecastle 珈琲」さんの
お店の棚の一部をお借りして、
小さな小さな KURONEKO BOOKS を、開店しました。
オリジナルの雑貨を少し、展示販売させていただいています。
もし、沖縄で南部方面に行かれることがあれば、お立ち寄りくださいね。
珈琲がおいしいのはもちろんですが、
アフォガート(アイスクリームにエスプレッソをかけて食べるデザート)、
おすすめです!

へいわのイラスト!

沖縄に引っ越してくる前に、
三重の名張市の平和のイベントのチラシを
作らせてもらいましたが、
せっかくなので作品も出してと言っていただいたので、
この数日で作りました。
タイトルは、
「みんなちがってみんないい、そしてみんなたのしい」。
平和のイメージにこだわらず、今描きたいものを
最近はまっている切り絵(コラージュ)で作りました。
自由でたのしいことが私の理想です。

実はこのイラスト、紅型でも描く予定です。できるかな。

台風が去った後の夕焼け空。

この前の台風12号はまったく肩すかしで、
せっせとベランダのプランターを家の中に避難させたのに、
ほとんど雨も降らず、風も吹きませんでした。
でも台風が去った後の夕焼けは、
ちょっと不気味なぐらい不思議な雰囲気でした。
まるで油絵の具でこってり描いたよう。

1 5 6 7 8 9 12